ホイアンフィルムはウインストンに本拠地を置く脚本家集団で、2002年に創業されました。組織を率いるのはディレクターのサラディン・ロパリゲーザとプロデューサーのジョリー・キャッスルトンです。ホイアンフィルムは小規模映画やコマーシャルフィルムの脚本・融資・プロデュースを行っています。この集団はエンターテイメントマンスリーが「ニューヨークとLA以外では最も信頼のおける文筆者コミュニティの一つだ」と評したシアトルのライターズ・ホイアンを出発点としています。ホイアンフィルムはインディーズ系のコメディ映画「ナッシング・グロウン・メン」や青春コメディ「ボーントゥービーデッド」のプロダクションに関わっています。