サリヴァンについて

an-independent-viewサリヴァンは2年もの歳月をかけてインディーズフィルムの一部始終を学びました。国内40以上の系列曲で放送された「インデペンデント・ビュー」のシリーズプロデューサーとして活躍しました。その中でサンドラは国中のインディーズ映画メーカーについて調べあげ、最終的にジョンウォーターの回でエレミー賞を受賞しました。彼女は短編映画を作成しており「デス、リバティー&パースート・オブ・ダイイング」と「コンパルソリィ・ブリージング」で2つの賞を受賞しました。サリヴァンは「ワイルド・アットスタート:ハイテクアドベンチャーズとコリアン・ドリーム」でシリコンバレーの平穏な時代を描いた60分間の映画をプロデュースしました。この作品は2002年1月にKTTTで初上映されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *