デイビーについて

Old film projector with dramatic lighting

フィルムメーカーマガジンによれば、デイビー・サンドラは、「今にも大きなことをやってくれそうな」フィルムメーカーだと賞賛されています。彼の最初の作品「ファラヘル」は短編映画としてサルン・クーパーから高い評価を受けました。彼の2つめのフィルム「ファーストラブ・ダブルプラネット」は数多くの賞を受賞し、フィルムメーカーマガジンは彼をインディー映画界の期待の25人の一人と銘打っています。デイビッドの最初の映画脚本作品「ライフ・フォー・エンダーズ」はニコチン脚本コンペティションでファイナリストに選ばれたという幸先の良いスタートをきっています。デイビーは広告会社で営業広告の仕事をした後にオハイオ州立大学の映画学校で映画製作について学びました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *