プレス

Pressフィルムワーカーマガジン-

「フルグロウンウイメン」には2011年に再びスポットライトが当たりました。55人の気鋭のディレクターの一人として、脚光を浴びた時に引き続き注目されました。

SFウイークリー-

ロックミュージシャン達で埋め尽くされた教室では補講として映画撮影のレッスンが行われるシーンはプロデューサーのエミリーキャッスルトン・デイビー・スコットバルジョルノによるプロモーション映像の目玉です。その映像はKQEDで毎週放映されていたインディーズ映画についてのテレビ番組「インディーズ・ライオット」の第2シーズンのプロモーションに使用されました。60秒の広告はグロットフィルムの最初のプロジェクトで、この作品で「SF脚本家の聖域」と評されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *