作品について

cat_5167-customデス・アンド・パースート・オブ・ダイイング

(白黒。16分、2009)

1960年代の家政婦ドキュメンタリーを面白おかしく現代風にアップデートしたもの。デス・アンド・パースート・オブ・ダイイングは、政治的な社会風刺を重厚な脚本で書き上げたもので、コミカルかつ感動的な作品となっている。リベラル政治家のノンフィクションのストーリーです。様々な要素を含みつつも最終的に全てが中国製の全自動洗濯機に繋がるという稀有な作品だ。タイムインアラバマは「おもろしくも楽しいホラーエンターテイメント作品となっている。再生産についてよく考えぬかれた作品であるといえる。既存のものと新しいものを調度良いバランスでミックスした興味深い作品に仕上がっている」と評価してます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *