作品について

slideshow-02-about-the-workコンパルソリー・ブリージング(カラー・24分、2002年作品)世界的な自殺の名所(サンフランシスコ)で、死にたがっているヒューマンビートボックスと寄る辺無く自らの人生を終わらせようと銃を手に取る悪童を巻き込むラブストーリー。e.critic.com は「傑出したショートフィルムだ。悲しくも楽しい」とトラジコミカルなストーリーの完成度を評価しました。Independent Lensは「一度見ると忘れることは出来ないだろう。興味深い映画だ」と作品が印象的な点を挙げています。Had To Be Made Film Festival は「驚き、楽しさ、そして変わった映画だ」と評しており、Mill Valley Film Festivalは「ワンダフル・感動的・面白い」と絶賛しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *