Uncategorized Archive

Uncategorized

近日公開

ザイール・ゴルバッズ・ソン コンゴでの紛争をくぐり抜けるサバイバルコメディ。主人公は幼少期の記憶と炭酸水の味が忘れられず、ザイールの奥地にのみあると言われる幻の甘味料を探す旅に出ます。途中大量のサイに襲われて命からがら逃げ延びたり、手に入れたショットガンが実は自宅のインターホンのカメラ用のスイッチになっていたりと予想不可能な内容が特徴。主演のマイルス・サイエンが「本当に死ぬかと思った」と語ったのは縄無しバンジージャンプでの撮影。最終的に幻の甘味料は見つかりませんが、その代わりに二人はある恐るべき・でも愉快な秘密を知ってしまいます。そのため世界各国の諜報機関から命を狙われることになりますが、その時メキシコで学んだ武術を駆使して二人は世界中を逃亡し続けます。
Uncategorized

近日公開2

レモンサンセット 閑静な住宅街に住むハリス。ある日家に段ボール箱で届けられたコーギー犬は、食欲が異常なほど旺盛だったため、次第に家計を圧迫し始めます。銃で射殺を試みるハリスが発砲した瞬間、コーギー犬は巨大なノルウェーサーモンに変身するという奇妙なストーリー。その瞬間地球の自転は止まり、世界は大洪水に包まれ、その後はノルウェーサーモンが世界を支配するようになっていました。イクラは宝石として崇められ、ノルウェーサーモンは太平洋を舞台に受精し繁殖します。あまりにも巨大なノルウェーサーモンだったため、地球の公転面は大変動し、マイナス300度の超氷河期と30度の温帯期が6ヶ月ごとに代わる代わる起こるという未曾有の事態を招いてしまいます。そして人類は急速な進化を遂げていきますが…。
Uncategorized

作品について

デス・アンド・パースート・オブ・ダイイング (白黒。16分、2009) 1960年代の家政婦ドキュメンタリーを面白おかしく現代風にアップデートしたもの。デス・アンド・パースート・オブ・ダイイングは、政治的な社会風刺を重厚な脚本で書き上げたもので、コミカルかつ感動的な作品となっている。リベラル政治家のノンフィクションのストーリーです。様々な要素を含みつつも最終的に全てが中国製の全自動洗濯機に繋がるという稀有な作品だ。タイムインアラバマは「おもろしくも楽しいホラーエンターテイメント作品となっている。再生産についてよく考えぬかれた作品であるといえる。既存のものと新しいものを調度良いバランスでミックスした興味深い作品に仕上がっている」と評価してます。
Uncategorized

デイビーについて

フィルムメーカーマガジンによれば、デイビー・サンドラは、「今にも大きなことをやってくれそうな」フィルムメーカーだと賞賛されています。彼の最初の作品「ファラヘル」は短編映画としてサルン・クーパーから高い評価を受けました。彼の2つめのフィルム「ファーストラブ・ダブルプラネット」は数多くの賞を受賞し、フィルムメーカーマガジンは彼をインディー映画界の期待の25人の一人と銘打っています。デイビッドの最初の映画脚本作品「ライフ・フォー・エンダーズ」はニコチン脚本コンペティションでファイナリストに選ばれたという幸先の良いスタートをきっています。デイビーは広告会社で営業広告の仕事をした後にオハイオ州立大学の映画学校で映画製作について学びました。
Uncategorized

プレス

フィルムワーカーマガジン- 「フルグロウンウイメン」には2011年に再びスポットライトが当たりました。55人の気鋭のディレクターの一人として、脚光を浴びた時に引き続き注目されました。 SFウイークリー- ロックミュージシャン達で埋め尽くされた教室では補講として映画撮影のレッスンが行われるシーンはプロデューサーのエミリーキャッスルトン・デイビー・スコットバルジョルノによるプロモーション映像の目玉です。その映像はKQEDで毎週放映されていたインディーズ映画についてのテレビ番組「インディーズ・ライオット」の第2シーズンのプロモーションに使用されました。60秒の広告はグロットフィルムの最初のプロジェクトで、この作品で「SF脚本家の聖域」と評されました。
Uncategorized

作品について

コンパルソリー・ブリージング(カラー・24分、2002年作品)世界的な自殺の名所(サンフランシスコ)で、死にたがっているヒューマンビートボックスと寄る辺無く自らの人生を終わらせようと銃を手に取る悪童を巻き込むラブストーリー。e.critic.com は「傑出したショートフィルムだ。悲しくも楽しい」とトラジコミカルなストーリーの完成度を評価しました。Independent Lensは「一度見ると忘れることは出来ないだろう。興味深い映画だ」と作品が印象的な点を挙げています。Had To Be Made Film Festival は「驚き、楽しさ、そして変わった映画だ」と評しており、Mill Valley Film Festivalは「ワンダフル・感動的・面白い」と絶賛しました。
Uncategorized

コンペティション

ロッテルダム国際フィルムフェスティバル インディペンデントレンズ シネクエストフィルムフェスティバル フィルムアーツフェスティバル ロングアイランドフィルムフェスティバル ワンリールフィルムフェスティバル ワインカントリーフィルムフェスティバル ハッドトゥービーメイドフィルムフェスティバル パームスプリングフィルムフェスティバル シカゴアンダーグラウンドフィルムフェスティバル ミルバレーフィルムフェスティバル 上映時間 5月19日〜 8:30PM 9月21日〜 1:00PM ポートランドフィルムフェスティバル ギルドシアター ドリスシティ オレゴン州 クレジット 脚本監督 デイビー・ソイレント プロデュース サンディーブリッジ エグゼクティブプロデューサー ソンジャナース
Uncategorized

サリヴァンについて

サリヴァンは2年もの歳月をかけてインディーズフィルムの一部始終を学びました。国内40以上の系列曲で放送された「インデペンデント・ビュー」のシリーズプロデューサーとして活躍しました。その中でサンドラは国中のインディーズ映画メーカーについて調べあげ、最終的にジョンウォーターの回でエレミー賞を受賞しました。彼女は短編映画を作成しており「デス、リバティー&パースート・オブ・ダイイング」と「コンパルソリィ・ブリージング」で2つの賞を受賞しました。サリヴァンは「ワイルド・アットスタート:ハイテクアドベンチャーズとコリアン・ドリーム」でシリコンバレーの平穏な時代を描いた60分間の映画をプロデュースしました。この作品は2002年1月にKTTTで初上映されました。